特定非営利活動法人ワーキングウィメンズアソシエーション

WWAとは

WWAは新潟県内で働く女性の異業種交流会として平成8年に誕生しました。年齢や業種・職種を問わず、多様な働き方をしている県内各地の女性が122名(H28年1月1日現在)参加しています。
設立以来、仕事に役立つ研修や情報交換を中心に活動をしてきましたが、起業経験のある会員有志による創業支援や働くママ会員による「仕事と家庭の両立のための活動」など、活動内容が広がってきたこともあり、平成18年に特定非営利活動法人(NPO法人)となりました。

設立のきっかけ

設立のきっかけ

設立のきっかけは、中小企業基盤整備機構が運営する研修機関「中小企業大学校三条校」で平成8年秋に開催された「女性リーダー研修」です。
女性が仕事を続けていく上でのハードルは現在でも低くはありませんが、当時は今よりさらに高く、女性はたいへんな自助努力が必要でした。
このような状況の中で、女性自身が連携して力を付け合う場の必要を感じ、受講生の有志が中心となって設立をしました。

最近の活動

最近の活動

最初は「女性の仕事に役立つこと」が活動のほぼ全てでしたが、最近では、性別関係なく参加可能なメンタルヘルス支援や、行政と連携して行う「働く女性の視点を取り入れた防災事業」など、「仕事を安心して続けるためにあった方が良いこと」、「自分たちが必要だと思うこと」に積極的に取り組んでいます。
また、年齢や仕事が異なる会員の中から、その時々で自分にとって必要なロールモデルを見つけて貰えるように、県央チーム、中越チーム、下越チームなど地域ごとの活動、仕事と子育ての両立中の会員による「ママチーム」など、顔の見える活動を楽しみながら行っています。

今後の夢と目標

今後の夢と目標

一番の目標は「これからの時代を創っていく若い人たちの応援」です。
現在、WWAの中心を担っているのは30代後半以上で、一定の力量とポジションを持っている人たちですが、未来を創るのは若い人たちです。
次の時代を担う若い人たちが生き生きと働き、生きていくこと。若い人たちの育成と応援に繋がることを行っていくことが一番夢であり目標です。

最後に

最後に

仕事でもプライベートでも、自分の思うようにならない時があります。
そんなとき、少し時間がかかったとしても「自分の人生と仕事を諦めることなく生きていこう」と願い、お互いに高め合える仲間の存在は希望につながります。
勇気をもって、自ら学び、自ら動く。ぜひご参加下さい。

 

 

 

平成28年6月25日(土)に創立20周年記念事業「公開良書の会~希望のつくり方」を行いました。

詳しくはこちらへ

サポーターリンク

中小企業大学校 三条校 中小企業大学校 三条校
総合生協の宅配「Kuruco」 総合生協の宅配「Kuruco」
一正蒲鉾株式会社 一正蒲鉾株式会社
株式会社第一印刷所 カタチヲツクルッテオモシロイ
再生良家 SAISEI RYOKA 自然素材のやさしい家づくり
FM-NIIGATA 77.5MHz FM-NIIGATA 77.5MHz
Live with the earth CORONA Live with the earth CORONA
PAGETOP
©ワーキング・ウィメンズ・アソシエーション