6月17日13時半より、30年度「起業の学校」第一回を行いました。

講師はサマンサハート代表取締役・高橋 真由美 さん(WWA理事)、テーマは「売れる事業の仕組み作り」です。
そして、今日のゲストは「Cafe RE(カフェ アール・イー)」 店主の近藤 一美さん。
(公財)にいがた産業創造機構の委託事業として実施していた「起業道場」の卒業生さんでもありますが、当時は「はな工房」という名称でプリザーブドフラワーのアレンジメント教室をされていた方が、どうしてカフェのオーナーになったのか、この間の事業の展開方法や「現在進行形」の姿など、盛りだくさんにお話をしてくださいました。

そして、講座の主役は受講生の皆さん。
今年は小千谷や三条、加茂などからも起業を志す女性が参加して下さいました。
現在やっておられる仕事の発展形としての創業や、家族や仲間と一緒に新たな業務を作り、拡大・展開していこうというケースなど、目指す具体像はそれぞれです。

しかし、「何を核に事業をするか」「どんな事業であればお客様が自ら来て下さるか」「自分の手元にお金(収益)が残り、お客様にも満足して頂くためにはどうするか」「一回限りで終わりではなく次回も期待して来て頂くためにはどうするか」など、しっかり考え、課題シートにきっちり書き込んで頂きました。

*今回提出して頂いた課題には高橋講師が添削を付け、次回、受付でお返しをいたします。

次回は7月22日(日)、捧会計事務所代表・税理士の捧 みちる講師です。
創業時だけでなく事業継続のためにも重要なお金や財務の知識について、分かりやすく解説をしてくれます。

*なお、単発受講はお受けできませんが、第二回から最終回まで通して受講をご希望の場合は、今後のお申込もお受けしますので、事務局までご連絡ください。

WWA事務局:025-233-5983

起業した後に支えとなる人の輪が広がっていきますように。