8月19日13時半から「起業の学校」第三回「顧客を呼び込む広告宣伝」を行いました。
講師は中村 節子さん、事例ゲストとして来て頂いたのは「起業道場」修了生の「ととのえや」坂上 照美さん。

中村さんからは単に「広告宣伝」ということではなく、その前提となる「事業コンセプトの確認」や、
「主として伝えたい相手(ペルソナ)の設定」から始まって、相手に合わせた広告方法の選び方、複数の広告方法を
使い分ける上でも大切なブランディング(イメージの統一化)といったことについて、ワークシートも使いながら、
しっかり教えて頂きました。

そのうえで、今回は「A4チラシ」の作成を提出課題としましたので、チラシのレイアウトの基本や
「伝えたいことの強調」方法などについて教えて頂いたうえで、受講者の皆さんにチラシの作成をして頂くことになりました。

そして、本日の事例ゲストの坂上さんからは、名刺が自分そのものであること(*自分そのものだと思える名刺を持つことの大切さ)や、
自分が渡したい相手や置いてもらいたい場所に置いているリーフレット(*自分の事業を正しく知ってもらうことへの真剣さ)など、
広告宣伝は単なるツールではないことを経験を通じて教えて頂くことができました。

このあと、受講者の皆さんからの課題の提出~中村講師の添削返却~完成チラシの作成~を経て、次回最終回ではプレゼンテーションと、
事業を継続していくための「セルフコーチング」について学習をしていただきます。

次回の講師はコーチの土田 陽子さんです。
6月から始まった「学校」も最終回を迎えます。
受講生の皆さんの変化がとても楽しみです。