今日は30年度「起業の学校」最終回。

テーマは「プレゼンテーションと行動するためのセルフコーチング」、講師はコーチの土田 陽子さんでした。

前半は受講生の皆さんから最終プレゼンをして頂いて、それに対してそれぞれ3人から“good&better”のフィードバック。

“good&better”のフィードバックというのは、“良かったところ”と“こうしたらもっと良くなるよ”という心のこもった指摘です。

でも、これが出来るのは、その場にいる全員に信頼と共有の気持ちがあってこそ(これが無いと叩き合いになってしまいますよね・・).

 

 

 

 

そう思うと、この4回で、みんなのなかにお互いを認め合う関係が出来たことがわかり、とても嬉しく思いました。

そして、プレゼンが終わったあとは、多少うまくいかないことがあったとしても、みんなが自分の事業を進めていけるよう、

「セルフコーチング」について、その場で具体的に指導してもらいました。

ちなみにコーチングとは、目標設定と現状把握を行い、そして目標に向かう方法を選び、確実な行動に繋げ、結果を検証することだそうです。

その結果、自分の考えが整理され、客観的な視点を得ることができると共に選択肢を見つけ、選び、行動することができ、

結果を検証して次に繋げることができるのだそうです。

こうして、今年も「起業の学校」全四回、無事に閉講となりました。

受講してくださった皆さま、今年もありがとうございました。