11月7日(木) 新潟県中小企業団体中央会様主催の組合女性職員交流会にて「働く女性のための防災講座」を行いました。

今回、初めての試みで、ゲーム感覚の「防災インタビュー」を行いました。
4名のグループに分かれ、1人6分間ずつメンバーからのインタビューに答えていきます。
“災害に備えて何か準備していますか?”“地震の時、一番不安だった事は何?”“家族に連絡がとれなくてどうしましたか?”等、
最初は長く感じた6分でしたが、あっという間に終わり、楽しく、災害時の不安や情報を共有できたと思います。

その後は、「防災ポケットメモ」の作成と「100円ショップで揃える防災グッズ」を紹介しました。
やらなくてはいけないけれど、何から始めていいかわからないという方や、家族で話し合うきっかけとして、とても効果的なアイテムだと改めて感じました。もっと広めていければと思います。

そして、働く女性の交流会ということで、本日一番注目されたのが、WWA防災メンバー個人の持ち物「外出先で被災した場合に備えた必要便利グッズ」でした。
仕事用のバッグに忍ばせたコンパクトな袋から出てくる、水、ラムネキャンディー、栄養補助食品、新聞、風呂敷、携帯トイレ、アルミシート等、その使い方や被災時の心遣いに参加者の皆さんが共感し、何度もうなずいていたのが印象的でした。

小学校の親子や働く女性、対象者を変えながら、多くの方に「自分の命は自分で守る」ことについて考えてもらえる機会を提供できたら、
いざという時に家族みんなが無事でいられることにつながると感じた一日でした。