WWAでは、コロナウイルスが新潟県に住む私達の仕事や暮らしにどのような影響をもたらしているかを知るために、先月31日に会員向けにメールで状況調査を行いました。

忙しい年度末に回答を寄せてくれた人は多くはありませんでしたが、別件でやりとりした人からお聞きした状況も含めると、業種業態を問わず、仕事や家庭のことで悩みや不安があることが窺えました。
WWAのメンバーに限らず、同じような状況にある方は少なくないと思いますので、業種や所在地などは伏せ、参考までにご紹介をしたいと思います。

また、WWAでは、このような状況のなかでも出来ることがないか、多くの方と一緒になって考えていきたいと思いますので、アドバイスやヒントなどありましたら、WWAまでお寄せ頂けますと幸いです。

──────────────────────────
WWA会員の皆さんから届いた声 ★
──────────────────────────

 1:仕事に関して

  • コロナだから・・・とわかりつつ、あまりにも、誰からも電話もメールもこないので不安です。もともと、観光旅行業、宿泊業、飲食業、イベント業の顧客がメインだったため、コロナが終わってもお客様が生き残っているのかどうか。こんなに暇なのは実は私だけで、コロナではなくて自分が干されただけなのでは?という妄想を振り払う毎日です。

  • 6月の仕事までキャンセルが入っていて全く先が見通せません。予定をキャンセル(延期)する事業所が多い中、「例年通り」という企業、予定が変更になったので自社で実施することにしたという「新規」の企業ありと様々です。

  • 2月からキャンセルが相次ぎ、観光運輸業はひどい状況です。小規模事業者のなかには廃業する事業者も出てくると思います。

  • イベントの中止や延期によりキャンセルが相次ぎ、仕入れもできない状況です。3月中はまだ仕事がありますが、4月になってこの状況が続いたら、従業員の整理も考える必要が出てくるかもしれません。

  • 製造業です。工場の稼働もプロジェクトも止めない、でも可能な人は自宅待機、が会社の方針です。3月上旬は人が減りましたが、成り立たないことがわかって、今はほぼ全員出社です。ハード面、ソフト面両方の不足で、私は結局自宅待機(在宅勤務)はできずじまいでした。新潟で感染拡大した場合、保育園が休園すると仕事を休まなければなりません。収入はともかく、仕事がストップするのはどうしたらいいのだろうと不安です。同僚も同じ境遇だとすれば、仕事をお願いしづらいです。

  • 毎日目まぐるしく変わる状況で、スケジュール調整や連絡などで大変な状況です。

 2:生活(子育て)に関して

  • 借り入れもなく、従業員もなく、旦那は会社員、父は景気に関係なく振り込まれる年金暮らしのため、当面は収入が「0」になったとしても「食べて」いくことはできます。しかしできれば、将来の学費のためにも、貯蓄は崩したくありません。

  • 子ども(未就学児)は外出先でも思わぬところを触るので、感染しないか心配です。市内の義母の家に行きたがるのですが、知らずに感染させないか心配です。保育園の雰囲気にもピリピリしたものを感じます。仕方ないとは思いますが、たぶん子どもたちもリラックスできていません。もし保育園が休園になると、それはそれで親子でストレスが溜まりそうです。

  • 3歳になったばかりの娘はよくなぞなぞ()を出して、自分で答えを言います。本日の問題「『こ』がつくものなーんだ?」「正解は・・・『コロナウイルス』でした!」と明るく言うので、私と夫は大変切ない気分になってしまいました。ウケなかったと思ったのか、娘は「だってコロナウイルスは『こ』がつくでしょ」とあっけらかん(中略)悩みはそれとして、子どものシンプルな見方に救われる部分もあるかな、と思います。

   ──────────────────────────

 寄せられた声を読み、思うのは、コロナウイルスのいちばん厄介なことは、精神的な苦痛をもたらすことだなあ・・ということです。
自分の心配だけでなく、仕事のこと、子どものこと、離れて暮らす両親のこと、いくつもの心配や不安が重なったうえ、行動することにさえ不安を感じて動けない。
誰かと会って不安や心配事を互いに言い合えたら気持ちも楽になると思うのに、「お茶でもしませんか」と誘うこともためらわれてしまう。
どこまでがNGで、どこまでならOKなのか。
普段なら自分で考えて判断していることに「これで良いのか」と迷いが生じてしまう。
そのため、ますます身動きが取れなくなってくる。
この状況が長引くと、じわじわとボディブローのように効いてくるように思います。
こういう時だからこそ、他の人と(しっかり予防対策をしたうえで)不安や恐怖も含め、話ができたらいいのではないかと思います。
不要な不安や恐怖を与えることなく出来ることがないか、考えていきたいと思います。